Entries

綾里の健勝丸(3)

以下、健勝丸のご子息様より教えて頂きました(説明に合わせ綾里の健勝丸(1)及び(2)の写真も参照願います)-----------------------------------------------------------操舵室を見ると初期(事故前)の健勝丸です。エンジンの排気管に銀色の耐熱フィルムが巻かれているのが見えます。この部分にIHIのターボが装着されていたと記憶しております。当時スーパーカーブームでして誇らしい思いでした(笑)舵は油圧式ではなく車...

綾里の健勝丸(2)

今回、ネガをデータ化したので健勝丸の写真を掲載します今見てもいい船だ...

綾里の健勝丸(1)

2010/05/06に書いた「高速エンジンのはしり」という記事にコメントを頂いた。なんと三陸町綾里の健勝丸のご子息様からでした。-----------------------------------------------------------健勝丸の息子ですたまたまネットを見ていたら親父の健勝丸が出ていました。 感動! 一人息子の私が後を継がず、泣く泣く10数年前に廃船いたしました。船長の父は83歳で現役漁師です。 我が家にとっての貴重な思い出を載せて頂きありが...

棟梁の訃報

大原造船の棟梁が亡くなったというTweetを見たきっと震災の負荷も大きかったのかなあ中学時代から棟梁の船造りを見ていたからとても残念です過去ログを「大原造船」で纏めました写真は 2011年5月1日に訪れた時のものです奥に見える建物は「唐桑造船鉄工所」この右隣に大原造船は並んで建っていましたこの小山が津波の直撃から棟梁の自宅と資料館を守ったようですこの道の先の地区は全てが流されています「木のお船の資料館」は骨格...

あずさ丸

...

AM 大原造船

起きて海を見た今日はガスが無い よかった木のお船の資料館(大原造船)に行ってみよう密閉可能なBAGにiPadを入れてkayakに積むいつものように途中でカモメの包囲を受ける棟梁は資料館前の木陰で新聞を読んでいたそんなところいるとは思わなかったので意表を突かれたここが一番涼しいのだそうだ資料館に入って・・(陸に上がったら暑さで汗が噴き出してきた・・)気仙沼の○○水産の社長に注文され作成中だという1/10スケールの「か...

謎の石片

天気晴れ7:00昨日の雨でkayakにアカ(水)が溜まったのでスポンジで吸い出し、三つのハッチを開けて乾かす10:00過ぎ大原造船「木のお船の資料館」へ向かう追い風なので何もしないで流されるままに・・・木々も漸く青葉になってきてうぐいすのさえずりに癒される(最近はNETで人が盛んにさえずっているが本物がいい)10:17水平爆撃隊が襲ってきた右舷・水筒に被弾するも航行には支障無し10:43資料館に貼ってあった記事を読むと40年...

高速エンジンのはしり

天気曇り・霧会社に出勤のノーマル社員への連絡の必要もあり海には出ませんでした霧に煙る海はベタ凪でしたカメラ屋さんに行き3X年前のネガを焼いてきたハガキサイズ全部で67枚その中のお気に入りは真ん中の写真綾里の健勝丸ですISUZUのSUPER CHARGER付のエンジンの物凄い音に(速い)仰天したものです露出オーバー気味ですがその分プロペラがはっきり・・・それにしても思うのは当時はフィルム代、現像代がかかるからデジカメのよ...

Sven yrvind

棟梁から聞いた今日の「木のお船の資料館」ネタある日、突然スウェーデン人がヒッチハイクしながら大原造船にやってきたそうだ目的は「櫓」についての勉強暫く居付いたそうだ・・・スベン?という名後にその方から本が届いた彼は著名な?、「small boat designer,builder,sailor & writer」であった以下の写真は「櫓」について記述した部分左の図は何を示しているか不明だが右の図は「櫓を漕ぐ」の図だ舞根の畠山重篤さんとも交流...

古い写真

天気晴れ 波浪無し微風9:00に家を出てkayakを海に押し出すカート(車輪)を外すのに膝まで海に入る水温は10度位? かなり冷たい・・・向かうは宿浦、大原造船跡地にのし上げ「木のお船の資料館」へ行く棟梁に3X年前の写真を観て頂いたとても驚き、懐かしがって当時の船の話をして頂いた「この船を作ったらねえ~大船渡、綾里から注文が次々に来たよ~」「この船底の線ねえ~スピード出すために工夫したんだよ~」「よくこんな貴...

日本一の櫓

大原造船の棟梁が最も力を入れて説明してくれたのが写真の櫓だ(○○つぁん提供)その素材と加工・仕上げも保存状態も素晴らしく「日本一」の櫓という事でした製造から70年経過しているがその時点で樹齢200年以上の「梓」を使用しているという・・・櫓に掛けた綱で磨耗した跡がついでに出てきた鉤棒マグロ漁で使用か?棒にロープ巻き付け補助磨耗した痕跡がクッキリと・・・凄すぎる・・・櫓は麻縄が無くて上下別れてしまっているが...

大原造船所

藤浜より宿(地名)へ歩を進める中学の頃、度々船が出来る様子を見に来た「大原造船所」が解体されている・・・とうとう廃業したんだあ・・嗚呼すると沿道の脇に「木のお船の資料館」と看板を出した小屋があり棟梁が椅子に座っていた「見せてもらっていいですか?」「耳が遠くなってねえ・・大きな声で言って下さい どこから来ました?」「し・び・た・ち・から来ました普段は東京の方に居るんです」「そうか・・これは、鮪立の○○...

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -