Entries

ノルマンディー

明治生命館で読書するもとても疲れた・・「海軍病院船はなぜ沈められたか」という興味をひきつけるタイトルでありながら読み物というより資料に近いで文体で船歴を延々述べるだけ・・・肝心の「なぜ」がさっぱり出てこない心配になり後ろからパラパラ見るとどうも「なぜ」の部分が無さそうだ・・・気分を変えに・・一体となったビルに入っているLIPSETTへ行くここは海や船をテーマにしたブランドで名前はフランスの豪華客船...

室町 砂場

勝浦か那珂湊に行きたかったが雨の予報日比谷で映画「路上のソリスト」を観た。音楽関係は...

市政会館

昨日は用賀、本日は日比谷。午後に外出しセミナーを受ける。場所は、市政会館の向かいのビルだったので1枚写真を撮った。本日のセミナーは受けて良かった。良く判らなくとも聞きに行く事が大事だと思う。そのうち点も線になったりするもんだ・・・帰りにBICカメラで、GRの予備バッテリーを買った。...

田舎料理

200905_local_foods五月の連休に、田舎で食した物のスナップを掲載。地産地食が一番だ。...

エチオピア

神保町のエチオピアでチキンカレーを食す。神田、大手町、日本橋辺りを歩く。途中、平将門の首塚があったので拝んできた。最後は日本橋高島屋の地下食品売り場に行く。食べたつもりも楽しいもんだ。漁師がエチオピアと呼ぶ魚がいる。見ればなんとなくエチオピアだ・・・漁師はストレートである。...

初鰹(船)

休暇をとって勝浦へ、目的は「鰹船」。普通列車で2時間、8:00前に到着した。早速魚市場(規模は気仙沼の1/5ぐらい?)へ行くと十数隻が横付けしていた。魚体はまだ小さく痩せていて、鰹の他にキハダ(シーチキン)の幼魚も水揚げしていた。(鰹船がキハダマグロなんて気仙沼じゃありえない どうやって漁獲するんだろう?)そして14時過ぎ迄には全隻出港して行った。勝浦漁港にはカモメ(ウミネコ)がいない、トンビが上空を舞っ...

訳あり商品

娘より電子辞書が欲しいとメールが来た。電子辞書は旧型だと安くなるのを知っているから帰りに秋葉原に寄った。OUTLETの札が付いた赤とピンクの中間のような色の商品は、2008年モデルで底面にキズがあった為安く購入できた。最新式を購入するのは勿体無いのである。ラーメン屋でつけ麺を食べる。...

ブラシノキ

近くのホテルの植栽。ブラシノキとあるがまさしくブラシである。...

雨読

天気曇り、強風。天気予報は雨だったので丸の内へ行く。明治生命館で読書して過ごすが、結局雨は降らなかった・・・1枚目:丸の内パークビル・三菱一号館(レプリカ)2枚目:明治生命館1Fフロア...

日本橋 玉いの箱めし

天気くもり。今日は神田から両国まで歩いた。まずは日本銀行隣の...

ふね検 中上級

「漢字検定」と違い持っていても役に立つ場面のない「ふね検」であるが7月12日に中・上級を受けようと思い手続きを済ませた。(受験番号 40)明日より少しずつ勉強するつもりだ・・・受験資格は初級取得者であるが第一回の試験で取得済みである。(画像CLICKで初級の問題集のイメージが見れます)...

神田藪そば

天気晴れ。神田に出かけたら神田祭りだった。地元民じゃないから祭りは素通り・・・目的地は「神田藪そば」だ。「セイロウ」「天ダネ」を頼んだ。昔、若くして亡くなった杉浦日向子の「もっとソバ屋で憩う」を読んで、昼間からソバ屋のつまみで酒を飲むのに憧れたものだが、まだそんなお大尽にはなれていない。今後「砂場」と「更科」にも行ってみようと思う。写真CLICKで料理が見れます。...

金目の煮付け

天気雨後曇り。巣鴨に旨い魚料理屋があり、予約が必要である。会社の仲間と時々行くのだが、締めの料理はいつも「金目の煮付け」である。何度食べても飽きないし旨いと感心するのだ・・・他に「あいなめのから揚げ」「あさりの酒蒸し」「かつおたたき」等をいただいた。「あさりの酒蒸し」は今回初めて頼んだが、一風変わっていて想像した物と良い方に違っていた。(こんなにわかめが良い出汁になるとは知らなかった・・・)定番が...

鯵の押寿し

お昼は、110円のおにぎり1個で済ませるつもりでPEACOCKへ、ここは時々駅弁を売っている。目に入ってしまったらしょうがない・・・迷わず「大船軒の鯵の押寿し」を求めた。ただし「東華軒の小鯵押寿司」の方が思い出深いし、紫蘇巻きが二つついているのも食べる楽しみは優っている。今度はそっちを販売しておくれ...

仙台 牛タン

天気:曇り(気仙沼)->雨(東京)いつもは大船渡線を利用して「一関」から新幹線に乗るのだが、混雑しそうだから気仙沼線で「仙台」まで行く。その甲斐あって10:44発の「MAXやまびこ」に座れて良かった・・・少し腹がすいたが駅弁食べるほどでもない、KIOSKで目についた「ひと口 牛たん麦ご飯」を求めた。おにぎり一つ半という感じかなあ・・・(写真CLICKで中身が見えます)...

緑の灯台

(写真は全て PENTAX OPTIOです)いよいよ休暇も移動日を除けば最終日だ。どうしてもこの場所に来てしまう。今日は、唐桑水道を気仙沼湾奥へ遡ってみるか・・・海岸線の変化を楽しむため岸寄りに進む。Kayakだからとれるコースだ。松の枝振りが美しい、一幅の絵のようだ・・・小さな入り江で小休止、正面に進めば気仙沼港口へつながるのだ・・・この後鶴ヶ浦へに寄って、最終目的の梶ヶ浦へ向かったが海が開けた分風が強くなった...

こんぶ

天気薄曇り。こんぶ加工の様子。刈り取ったこんぶはボイルして塩をまぶす・・・三陸のこんぶは、こぶ巻きや佃煮用に向く。こんぶに「旨み」がある事を知っていた日本人の味覚は偉い。「あわび」や「うに」が旨いのもこんぶを食べるからだ。...

人力ウインチ

天気晴れ。半島の浜巡りをして目に付いた「年代物」外洋に面した浜や突端側の浜では、小船を係留する事が出来なくて、昔は毎回浜に引き揚げていた。(砂でなく砂利や石ころの浜だから可能だった)穏やかな内湾に育った私にはその大変さは判らない・・・現在では、堤防やテトラポットで囲まれたり、コンクリートのスロープが作られたり、ウィンチも機械化されたり随分違っている筈だが・・・それは今でも使ってそうな感じがして、な...

春の海

うに丼朝食を食べて「天神」に行き箱庭のような海を一望すると、なんとも穏やかな春の海でした。3枚目は露出オーバーですね・・・RICOH CX1のダイナミックレンジダブルショットモードなら綺麗に仕上がったかも・・・?失敗も楽しみの内と思わないとな...

うにのかいこう

天気晴れ。AM5:00より6:30まで「うにのかいこう」があった。今回は陸から写真を撮ることにした。1枚目:田の浜付近で漁をする様子。2枚目:小鯖港で漁協へ出荷・計量している様子。3枚目:朝食の分だけ自家消費。(GWなので出荷せず自家消費する人が多いようだ)たくさん採った船でも駕篭二つがせいぜい自分が小さい頃は、船がうにで「てんこ盛り」になっていたものだが寂しい事だ・・...

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -