fc2ブログ

Entries

元文の黒船と搭乗員供養の碑

お墓参りに行って来た。
彼岸に「黒船番所跡」の紹介をしたが、
ペリーの黒船来航に先立つ事114年の元文4年(1739年)に
ロシアの黒船が来ているという。
しかも最初に目撃報告したのが「気仙沼」であったというのだ・・・
「来港」なら気仙沼でも頷けるが「目撃」というなら唐桑や大島の方が自然である。
(ここは地元民しか判らないか部分ですね)

もかもりの「黒船番所跡」は、こちらに関連するものかも知れないが
私には判らない、詳しいかたの教えを請いたい。


今朝の鮪立湾は快晴で波静か・・・

黒船番所跡のそばから牡鹿半島方面を望む。
今日は水平線上に「金華山」がハッキリ見える。
金華山の手前は大島の「大前見島」

「もかもり」より大島瀬戸を望む


気仙沼の某墓所にある「搭乗員供養の碑」
昭和20年8月11日、鳥取の美保基地から青森県三沢基地に向かう一式陸攻
途中濃霧でこの地に激突殉死とある・・・

この夏、NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言」(3部作)という番組があったが
つい最近まで開かれていた海軍士官による反省会の録音テープが公開されたのは驚きだった。
硬直化(疲弊)した軍組織により不要の戦争が起こされたように思えてならない。
(現代の組織にも同じような事が繰り返されるのは、人の常で仕方ないんだろうか・・・)

そんな中で仙台生まれの最後の海軍大将「井上成美」は誇って良いなあ

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/164-a861a95a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ