fc2ブログ

Entries

馬の骨のツノ

8:18気仙沼発仙台行きに乗る。9月の「伊達な旅」の最終章です。
期間中は4台のカメラで約600枚の写真を撮りました。

画像CLICKで列車内部が・・・シートは左1列、右2列

仙台発MAXやまびこに乗る。
駅弁は「あなご飯」と決めていたが店頭に行くと決心が鈍ってしまう
結局買ったのは「あれも、これも入っている・・・やつ」(画像CLICKで中身が・・)
印象は・・・う~ん美味しいけど他力本願んーっ!な感じだ
やっぱり「これ一本槍」というのが正解だな。
そりゃ意気込みが「俺がエースだ!」と違うもの

もう一品「ほやのくんせい」を買ってみた
これは新幹線の中で食べるのは勇気がいるぞ
なにせ「さきいか」でさえ臭いとクレームが出るご時勢である。

観たい映画があるという事で娘と待ち合わせ
IKSPIARIで「カムイ外伝」を見た。
恥ずかしながら原作マンガは当時難解で読んでいません
(大人のマンガでした)

漁師が殿様の馬を殺してからSTORYは急展開し始めるのだが、
(随分乱暴なSTORYだ)その馬の脚の骨を擬餌針(ルアー)にして
すずき(シーバス)をたくさん釣るシーンは現代の釣り好きには
受けたと思うが、あの時代擬餌針と潜水版によるすずき漁は一般的だったろうか?
あれはカツオ釣りの擬餌針に見えたぞ・・・「ツノ」と呼んでいたし
当時のカツオ漁をヒントに生まれたエピソードだと思うな・・・


それこそ「どこの馬の骨?」どころか鹿の角、水牛の角、貝殻・・・
羽根もさまざまな鳥の羽根と当時のハイテク素材を駆使したのが
カツオ釣りの擬餌針と私も本で読んだし、親父の道具箱にも入っていた・・・
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/202-02d91bc3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ