Entries

01/24のツイートまとめ

kaku_q

#気仙沼 #唐桑 瓦版 紙が更新されました ! https://t.co/k6lg3slL2P
01-24 15:28

続き)感染性胃腸炎の患者から排出されたウイルスは下水を通じて海に入り、カキなどの貝に蓄積することも分かっている。ウイルスの増殖を抑えて水環境を改善することは、カキの養殖にも好循環をもたらす。
01-24 08:30

(河北)家庭などから出る下水に含まれるノロウイルスの濃度を測定する手法を開発した。下水処理施設に導入されれば、感染性胃腸炎の流行を迅速に把握し、警戒を呼び掛けることが可能 https://t.co/aLhe92TpnB
01-24 08:30

(河北)「タラ、にかほでどうぞ」 和洋中で提供 タラ鍋、タラ汁のほか、市内の業者が開発した調味料「タラしょっつる」を使ったラーメン、ブイヤベース風スープなど https://t.co/tidp1wv2Ic
01-24 08:28

(#三陸新報 )吉兆か 唐桑で白いナマコ 関係者は「幸運の使者かもしれないので大切にしたいが、いつまでも水槽に入れておくわけにもいかない」 https://t.co/mRWiOnbegd
01-24 08:24

(ちばとぴ)水産資源を次世代へ 千葉県漁連など新年懇談会 水産10団体の新年懇談会が22日、千葉市中央区の水産会館で開かれ、水産関係者ら約70人が交流した。 https://t.co/vVm1174WFf
01-24 08:20

続き)その結果、最も多かったのは、高さが40センチ程度と低く、水深の浅いところに生息する「イソモク」。量が豊富でウニの“主食”とみられていた高さ1メートルを超える「ジョロモク」は比較的少なく、同じく量が多い「ヤツマタモク」は含まれていなかった。
01-24 08:19

(読売)バフンウニは意外とえり好み?餌となる海藻を特定する新たな技術開発に、県水産試験場(敦賀市)が成功した。遺伝子解析の手法を用いるもので、従来の顕微鏡で観察する手法より精度が高く https://t.co/hYuw1TvB1A
01-24 08:18

(読売)干物 速く美しく…伊東「開き日本一大会」規定枚数を最も速く開き終えた人の所要時間は、イカ5分13秒、アジ7分31秒、キンメダイ4分38秒だった。 https://t.co/eyelqaIVqC
01-24 08:15

(読売)体長が通常の2倍ほどの巨大なキタムラサキウニが宮古市の県立水産科学館で展示され、来館者の目を引いている。体長約20センチ。大きさから10年以上は生きているという。 https://t.co/xtkmA8JIW4
01-24 08:13

(東奥日報)津軽海峡に面した風間浦村で、冬の味覚・キアンコウの漁が本番を迎えている。肝が肥大する1~2月が一番おいしい時期とされる。22日は同村の下風呂漁港で300キロほどの水揚げ https://t.co/A1fKiAY9bo
01-24 08:11

(産経)松葉ガニ不漁で高値に 兵庫の漁港で「水ガニ」初セリ 漁業関係者は「原油安で船の燃料費はありがたいが、水ガニを獲ると、将来の松葉ガニ漁にも影響するので心配だ」 https://t.co/5MiXmkPcNK
01-24 08:03

RT @sinobu6542: 雪が積もると思わぬ事故が起こるので気をつけましょう https://t.co/yGmIYxhBK7
01-24 07:57

続き)遺伝子を完全に破壊すると筋肉量が増えすぎ、満足に泳げなくなる危険性がある。狙った場所以外で遺伝子を壊していないか確認しつつ研究を進めることが重要になる。商品化にはゲノム編集技術の安全性に関する議論や規制の確立、消費者の理解も欠かせない。
01-24 07:16

続き)遺伝子を改変した卵から育った第1世代。卵によって改変の程度にバラツキがあるため、成長の速度もまちまちだ。今後は第1世代同士を掛け合わせ、遺伝的に安定した魚種を確立する。
01-24 07:15

(日経)マダイの体重2割増 遺伝子の技で高級魚身近に 近畿大学水産研究所が遺伝子関連技術の導入に取り組んでいる。魚の成長を早めたり、育ちやすい個体を選んだりするのが目的だ。 https://t.co/wFKlX6gCF6
01-24 07:11

(libedoor)殻つきの生牡蠣をもらったらどんな風に処理すべき? https://t.co/mLzkwGw0QQ
01-24 07:09

(高知新聞)養殖業は海上サラリーマン 高知県の高校で水産業の就職紹介授業 「地元に帰りたいと思った時、水産業は良い仕事だと、頭の隅に入れてほしい」 https://t.co/UFCywjAuJ4
01-24 07:05

続き)肝の重さは天然魚だと体重の5~15%とばらつきがあるが、こうした養殖法で大半の個体が安定して10%を超えるようになった。体重200グラム以上で肝の重さが10%を超すものを「フォアグラハギ」として販売する。
01-24 07:04

(朝日)肝育てて「海のフォアグラ」 ウマヅラハギ養殖で新技術 警戒心が強いため研究開始直後は、人工のえさを口にしなかった。そこで、魚が好む香りを出す成分を突き止め、えさに配合した。 https://t.co/cWQwRCBd8b
01-24 07:03

(時事)寒ブリ、水揚げに異変=北陸と山陰で漁獲明暗 山陰沖では巻き網漁船でブリの漁獲が好転。鳥取県境港漁港の1月の水揚げ量は22日までの累計で450トンと前年同時期の5倍に急増。 https://t.co/2yzVidWMcV
01-24 07:02

三陸Times 紙が更新されました ! https://t.co/NgevrHwFh6 おかげで @mtkouji @hisararen @again_onagawa
01-24 03:27

気仙沼Times is out! https://t.co/xzz35pDAwv Stories via @holmesdenka
01-24 03:13

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/2706-bf5b85cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -