Entries

03/08のツイートまとめ

kaku_q

引用)この生物は『キホウボウ科の生物』の可能性が高いという。 https://t.co/yETw4BIlLk
03-08 21:08

引用)しかし、お金も、エネルギーも使い放題という体質になっている。ここらで、環境対策50年をふり返り、直すべき時期にきていると思う。そういう視野をもちながら、この豊洲市場の土壌汚染対策を考えてほしい。 https://t.co/7pmDBitesG
03-08 20:53

続き)社名を震災前の「マリンジャパネット」から「鼎陽」に変えた。気仙沼湾を望む地域は古くから「鼎浦」と呼ばれており、この地から昇る太陽のように「希望のともしび」になりたいとの願いを込めた。
03-08 20:45

(朝日)作戦は功を奏した。気仙沼市へのふるさと納税8563件のうち、鼎陽は26・6%に上る2283件を受注。この年の年商は震災前と同様の1500万円にまで回復し、このうち半分ほどがふるさと納税 https://t.co/YUV6S5Vqco
03-08 20:44

RT @kd_rir: 毛ガニを頂いた https://t.co/bkg8tDaYkP
03-08 20:32

RT @fu_san11: 昨日に引き続き311の避難した魚市場の駐車場から私が撮影した写真です。動画からの切り抜きですが長い時間動画を見ているとまた気分が悪くなりました。やはり長時間見るのは無理のようです。#気仙沼 https://t.co/LhyJ4oNiiQ
03-08 20:31

RT @fu_san11: 311の私が撮影した画像です。あの日魚市場駐車場に避難しました。ドス黒い水が押し寄せあわや駐車場に水が来るかもと会議室の上にはしごで女性の方々から順に上っているところです。鹿折にはもう火災が発生していました。雪が降ってきたり寒かったですね。いまやっと…
03-08 20:31

RT @nishiuraya: こんばんは西浦屋です。毎年この時期を楽しみにしていただいているお客様、おまちどうさまです!地元佐島産のアカモクの少しだけ仕入れできました。在庫あるだけの販売になりますが宜しくお願いします。 https://t.co/2lYRZEvA1F
03-08 20:14

海中なのに湿度が低いってどういうこと?
03-08 20:09

続き)ダイバーの隊員が海底から船上へ引き揚げる様子を見守り、酒瓶が受け渡されると拍手を送った。参加者は夜、口之津町のカキ焼き小屋で乾杯。貯蔵していない酒と飲み比べ、地元産の養殖カキや貝に舌鼓を打った。 https://t.co/aeezDtH3AD
03-08 20:08

(長崎新聞)深さ25メートルの海底の岩場で見つけた横穴のくぼみに昨年10月上旬、地元の酒蔵で造った日本酒の四合瓶(約10本)入りのかごを設置した。温度が低く、直射日光が当たらず、貯蔵に適した場所という https://t.co/28aMuG1TCw
03-08 20:04

(#気仙沼市魚市場 9日の入船)はえ縄 大目 1隻 7稲荷丸 https://t.co/mfPRGwb8uo
03-08 19:54

( #第八日昇丸及び協力船)この時期は航海日数がだいたい10日前後かかっています。いつもよりは少し長いような気がします。 https://t.co/UBqhLTggKq
03-08 19:52

生カキの販売で盛り上がっていたリアス牡蠣まつり(2013年11月) https://t.co/HetGc8jYcM
03-08 12:39

(#三陸新報)生鮮魚介の仮設店舗販売解禁へ 宮城県議会に条例改正案 議決されれば、気仙沼市唐桑町で一昨年から代替イベントに切り替えていた「リアス牡蠣(かき)まつり」も復活に向けて動き出しそうだ。 https://t.co/mRWiOnbegd
03-08 12:39

(神戸新聞)給食で復興を支援しようと、豊岡市など兵庫県内4市町の小中学校などで7日、宮城県南三陸町で水揚げ・加工されたサケを使った給食が出された。 https://t.co/HOwPlhQBF0
03-08 12:33

(MBS)イカナゴ漁が解禁 漁獲量過去最低か 「少なすぎる」(仲買人)  「(値段も)倍くらいになってますね。去年くらいから少ないからやっぱり高い」(仲買人) https://t.co/2tJQCGjfOt
03-08 12:31

続き)この日、4隻が出漁した。漁場は宮古から約1時間半の沖合だが、いずれの船も満船か満船近くになった。徳寿丸(9・7トン)も制限量の8・2トンを漁獲。桜色のイサダがぎっしりと詰まった黄色い魚箱が甲板にうずたかく積まれた。
03-08 12:26

(毎日)宮古市魚市場に6日、イサダ(ツノナシオキアミ)約30トンが水揚げされた。先月27日の解禁以来、7日ぶりの本格的な水揚げで、「やっと春が来た」 https://t.co/Yi6y6iERBQ
03-08 12:25

RT @NatGeoMagJP: 「ほんのつかの間ですが、私たちは見つめ合いました」<サメ大接近>(Photo of the Day) #ナショジオ #photography #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい https://t.co/YT63OTf8nI
03-08 12:21

RT @beadriver: こども記者【きょうのテーマ】シロウオの産卵場づくり 春告げる魚 増やそう(西日本新聞/福岡県・室見川) https://t.co/bx9tY87VeU |「自分たちの近所の川や環境は行政頼りにしないで、自分たちで改善しましょう」
03-08 12:20

RT @beadriver: シロウオ漁獲量増へ“躍る大捜査線” 福大助教が生態調査(西日本新聞/福岡県・室見川) https://t.co/rLuDb4uP1G |「地域住民とともに川の産卵場作りに取り組んできたが、思いのほか結果につながらない」
03-08 12:20

(読売)根室地方8漁協 漁業・養殖分野では、4島周辺(ロシア主張領海内)でのカニやエビ、ホタテ、サケ・マスなどの漁や、魚介類の生息状況・資源量の調査、4島の漁港整備を要望事項として挙げた。 https://t.co/Xnunsk2J4e
03-08 12:19

(徳島新聞)「週刊ビッグコミックスピリッツ」(3月13日発売号)が、災害時の命の守り方や被災時に役立つ情報を集めた「防災ミニブック」2冊を付録に 「1冊はあなたへ、もう1冊は大切な人に渡してほしい」 https://t.co/Sht7gBVZeB
03-08 12:15

続き)共催対象となるのは、行政、教育委員会、小学校、PTA、団体、大学など。出張講師費用は無料。調理の食材や道具、会場などの費用は各学校・団体などが負担する。
03-08 12:14

(excite)味覚体験として、昆布とかつお節、それぞれのだしの味を確かめ、相乗効果を体感する。味覚体験として、昆布とかつお節、それぞれのだしの味を確かめ、相乗効果を体感する。 https://t.co/Q73ORLZ8Hg
03-08 12:13

続き)漁場の調査とダイビングの技術向上のため鮫浦湾に潜った。浜近くの浅い海域にはナマコが多くいた。しかし、ウニやアワビは少なく、餌となる海藻もほとんど生えていなかった。「船の上から見ても白っぽく見えるのはわかっていたけど、ここまで海藻が生えていないとは……」
03-08 12:09

続き)近辺は有数のホヤの生育地だが、東京電力福島第1原発事故後、一番の得意先だった韓国が輸入規制を続けているため、販路が限られてしまった。そこで、ゆくゆくは海に潜ってナマコを採るための潜水漁業権を取得し、売り上げでも漁協に貢献したい考えだ。
03-08 12:07

(日経) 豊かな海を再び 若手漁師が潜水チーム結成 石巻市 「昔は浜が違えばライバルだったかもしれないが、長引く避難生活のなかで悩みや希望を分かち合ってきた仲間だからこそ、協力してチャレンジできる」 https://t.co/7PSUrDs2gE
03-08 12:07

続き)「亀の湯」の創業は1886(明治19)年。長年にわたり、三陸沖のカツオやサンマを水揚げする漁船員たちを癒やしてきた。男湯の入り口横の棚には、漁船の名前が大きく書かれた常連客の洗面器が並ぶ。
03-08 12:06

(朝日)気仙沼市の漁港前に、漁師らに愛されてきた老舗の銭湯がある。津波に襲われながらも、翌年の夏から営業を再開。そこへ、今度は復興工事が立ちはだかった。立ち退きを求められ、131年の歴史に幕を下ろす https://t.co/eW1NlYqOUN
03-08 12:05

(日経)なとりは、菓子「パリパリ昆布」を発売する。昆布をあっさりと味付けし、パリパリとした食感に仕上げた。薄く柔らかいのが特徴の北海道産棹前昆布を使っており、昆布のうまみがしっかりと味わえるという。 https://t.co/iKV9oyALrR
03-08 12:04

(高知新聞)高知県足摺沖のサバ立て縄漁でサメ被害深刻 年間の被害は約220トン、約4千万円 「商売としてギリギリ。これ以上被害が増えると厳しい」 https://t.co/JkCDA844Xy
03-08 12:03

(河北)直面する課題として「販路の確保・風評被害」を挙げた業者が31%で最も多かった。「人材の確保」は26%で、うち半数以上が「募集しても集まらない」と指摘。「原材料の確保」との回答も25%に上った。 https://t.co/uG2AefvQQa
03-08 12:02

続き)その上で「一部の人でも見ていれば、周りの人に情報を伝えることができる。大事なのは、防災行政無線だけではなく、ツイッターやフェイスブックなど多元的なツールを備えておくことだ」
03-08 12:01

(河北)気仙沼市の通信回線が回復したのは2011年3月14日夕。ツイートをサイトに投稿した市危機管理課主幹の伊東秋広さんの目は、表示されたフォロワーの数にくぎ付けになった。約2万5000人―。” https://t.co/d7Ph10Dpky
03-08 12:01

RT @hwtnv: 「人間洗濯機」の説明図. https://t.co/Y22ryaPwkP
03-08 07:48

RT @hwtnv: 「人間洗濯機」.1970年大阪万博で三洋電機が展示したもの.15分でユーザを清潔にし,マッサージしたうえで乾燥させる全自動・超音波浴槽.ニューラルネットワークによる自動色付け. https://t.co/7iW1O6gnuX
03-08 07:48

RT @umi_museum: ボラの特別展!盛んだった頃のボラ敷網漁の様子を再現。当館職人が作りました♪ #ボラ https://t.co/WwTVl2KhKo
03-08 07:35

(朝日)複数の関係者によると、農水省の担当者は想定問答の資料を配って「組合員への説明に使ってほしい」「他言しないでほしい」と求め、その場で回収した。その後、同省職員が指南する形で同じ趣旨の想定問答が作 https://t.co/ba2Tv5aS3U
03-08 07:05

(毎日)下関市の三菱重工業下関造船所で、水産大学校の漁業練習船「天鷹丸」の進水式があった。同校の関係者や見学に訪れた市民ら約630人が、海上に浮かぶ船体を見守った。全長64m、総トン数980t https://t.co/obtwuTAghM
03-08 07:02

(朝日)木津市場で突然、「兄ちゃん、毎日同じ時間に通るな。信用できるから『ええ魚』を卸したるわ」と声をかけられた。それが泉州の魚を扱う店だった。見ず知らずの魚と向き合い続け、素材を生かす技と眼力を磨い https://t.co/LRJ3hIMGAB
03-08 06:59

(毎日)イカナゴ シンコ漁が解禁…瀬戸内海に春の訪れ 神戸市漁協では1かご(約25キロ)あたり昨年より約1万円高い7万円が付いた。「漁協で働いて40年ほどになるが、初値の過去最高値では」 https://t.co/NxFwcf7e3L
03-08 06:57

続き)100年後には青森にもサンゴが広がるとの予測もある。サンゴが増えると、代わりに海藻が減る。打撃を受ける漁業者にとっては、歓迎できない客だ。山野さんは「変化が起きているのは事実。データを示し、漁獲する種を変えるなどの適応を促すのも研究者の仕事」
03-08 06:54

(読売)地球温暖化による海水温上昇で、南のサンゴは白化し、減少。南から避難するようにサンゴの北上が続いている。山野さんのこれまでの研究では、種によっては、年14キロのペースで北上している https://t.co/1MCf3RkPEy
03-08 06:54

(読売)東京湾の船導き40年…海上交通センター 来年1月には、同センターと横浜、川崎、千葉、東京各海上保安署の港内交通管制室の機能が、3管も入る横浜第2合同庁舎に集約される。 https://t.co/ADQYuO76C5
03-08 06:49

(中日)コウナゴがほとんど捕獲できなかったことを説明。両県では禁漁にした昨年、コウナゴの状況を観察してきた。しかし親の数が少なかった上、水温の上昇傾向でさらに減ったほか、大型魚類のえさとなる夏シラス https://t.co/MZsa0CVwkM
03-08 06:46

(朝日)伊勢・三河湾のイカナゴ漁が禁漁 2年連続 イカナゴは水温が上がる春から秋に伊勢湾口部の砂地に潜って夏眠するが、調査では生残率9%と、平年の67%を大きく下回ったという。 https://t.co/W9jSgr9QG0
03-08 06:42

(毎日)泉南市が地元漁協や近畿大水産研究所と連携して養殖に取り組んでいるアナゴが商品化され、ふるさと納税の返礼品に加えられた。泉南のアナゴの漁獲量は府内1位だが、近年は減少傾向が続いている。 https://t.co/p13jA9waUF
03-08 06:38

続き)同社の陸上養殖の先駆けとなったのが、生で食べられるサバ「お嬢サバ」だ。2012年に鳥取県が試験養殖を始め、2015年からJR西日本が参画。共同で生産・販売に乗り出している。現在は鳥取県栽培漁業センター(湯梨浜町)で養殖を進める。
03-08 06:35

続き)くみ上げた地下海水を、塩田跡の養殖池に張って育てている。地下海水はろ過されているため、海水に比べて不純物が少ない。こうしてノロウイルスに感染するリスクが低く、生食向きのカキが育つ。オイスターぼんぼんは「ぼんぼん(お坊ちゃま)のように大切に育てられたカキ」を意味する。
03-08 06:31

(日経ビジネス)カキやサクラマスを陸で育てる――。日本各地でそんな新しい動きが広がっている。手掛けるのはJR西日本や近畿大学で、それぞれ地元の企業・自治体とタッグを組んでの取り組みだ。 https://t.co/KltXtxXmRX
03-08 06:28

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/3113-1cae79f7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -