fc2ブログ

Entries

12/03のツイートまとめ

kaku_q

(下野新聞)ホンモロコはもともと琵琶湖の固有種。高級魚として知られ、京都では料亭などで調理されているという。本県では小山市がおやまブランドの「ラムサールホンモロコ」の養殖に力を入れ注目されている。 https://t.co/NdhRDRnS6Z
12-03 17:41

(産経)2つの台風によるカキ被害は県全体で落下が4800トン、被害額5億8千万円。なかでも石巻、女川を中心とする中部と北部の南三陸町で被害が大きかった。カキ養殖施設も2つの台風で計107台が破壊された https://t.co/53WwdfEsqQ
12-03 17:36

(朝日)ブリ17本をよく塩漬けにして背割りにし、入念に調えよ――。1595年に大名・前田利家の命を受けた家臣による住民への命令書だ。腹切りを嫌う武士の心得で背割りにさせた。 https://t.co/tImbD0HEDg
12-03 17:28

続き)近大は「育種研究」を進めている。完全養殖の成功で、成長しやすいクロマグロや飼料が安く済む個体を選んで次世代に遺伝子を残せるようになった。遺伝子を直接切り貼りする最新技術のゲノム編集も活用、マダイなどで基礎研究を進める。
12-03 17:25

続き)ブリやハマチが基本的に配合飼料のみで育つのに対し、マグロのエサは大半が生の魚。マグロを1キログラム太らせるのに必要なエサは13~14キログラムに達する。生エサ自体の資源確保は大きな課題だ。配合飼料であれば味や色といった品質の管理もしやすくなる。
12-03 17:23

(日経)マグロ完全養殖ツナぐ餌 極洋フィードワンマリン、生存率の壁に挑む ホタテの内臓からアミノ酸を抽出する技術を確立した。これを魚粉などと混ぜて稚魚用のエサにした。「稚魚が好んで食べるようになった」 https://t.co/lDrK89uy1f
12-03 17:22

続き)13年にはパプアニューギニアで越中式の定置網漁が始まった。漁村集落の結びつきを生かし、現金収入をもたらし始めたという。海外漁業協力財団(東京都)の専門家として技術指導する藤井資己さんは「越中式定置網は、世界に誇る漁業技術です」と話す。
12-03 17:16

続き)入り口は常に開放され、魚は「出入り自由」だ。入る魚のうち、7割程度は自然に出て行く。魚の入り具合を見ながら網の口を閉じれば、漁の効率が高まりそうにも思えるが、「それでは海がだめになる」と氷見漁協の浜谷忠さん。あくまでも「取りすぎない」を貫く。
12-03 17:15

(朝日)「取れすぎない」エコな伝統漁法 富山湾に世界が注目 氷見市沖は、国内有数の定置網の好漁場だ。江戸時代の元和7年に定置網敷設を認めた加賀藩の許可状が残っており、その歴史は少なくとも400年はさか https://t.co/HnVCnPMbGD
12-03 17:14

(日経)アンコウの出回りが増えてきた。見た目はちょっと怖いが、美しい白身で、皮膚や粘膜を整えるビタミンがたっぷり。コラーゲンが豊富な皮や、「海のフォアグラ」と呼ばれるあん肝など、余すところなく食べられ https://t.co/uF4PdHHoLr
12-03 17:09

続き)干だこは、内臓を取り除いたマダコに竹の棒を添え、つるして形を整えながら乾燥させる。1週間ほどでうま味が凝縮され、十分な歯応えとともに味わえるようになる。
12-03 17:07

(山陽新聞)瀬戸内の港町・倉敷市下津井地区で、初冬の風物詩の干(ひ)だこ作りが最盛期を迎えている。巨大な瀬戸大橋を背景に、足を広げてつるされたマダコが潮風にゆらゆら。のどかな光景が広がっている。 https://t.co/MKl0yNV1yU
12-03 17:06

(どうしん)秋サケ定置網漁、過去10年で最低 東胆振2割減、日高4割減 「後半は良くなると期待していたのに、最後までまったく振るわなかった」と肩を落とした。 https://t.co/iRTMJnz5Qf
12-03 17:05

(@nifty)海から上がると漁師たちは冷えた体を温めるために銭湯を利用します。そのため市内の銭湯は朝から開いており、朝市とともに名物になっています。ひと仕事終えた漁師の楽しみは、酒場で飲むお酒。 https://t.co/D7d2UCTFv3
12-03 17:03

(毎日)師走に入った1日、山田町大沢の水産加工会社「大和水産」では、正月のおせち料理に欠かせない「田作り」(ごまめ)に使うカタクチイワシの天日干しが進められた。 https://t.co/LduaSat9E1
12-03 17:01

(毎日)「御食国(みけつくに)」の歴史がある若狭国(現在の嶺南地方)の流れをくむ福井県内には、長年皇室に献上品を納めてきた人たちがいる。「平成」の終わりが近づく中、関係者は献上品に込めた思いを語った。 https://t.co/Md6oHrEy5E
12-03 17:00

(どうしん)11月末で終わった今年の道内シシャモ漁の水揚げ量(速報値)は666トンと前年より4%増えたものの、依然として不漁が続いていることが1日、道のまとめで分かった。 https://t.co/HSBvj3WO3Y
12-03 16:58

(日刊ゲンダイ)ウナギやフグの専門店はあったが、最近はマグロやブリ、アジ、サバなど大衆的な魚の専門店が目につく。なぜ魚の専門店がブームなのか。フードライターの浅野陽子氏に聞いた。 https://t.co/pTeOtGMTGT
12-03 16:55

(MONEYPLUS)知名度抜群の「完全養殖マグロ」を店頭で見かけない事情 水産大手が相次ぎ参入のはずが…3社合計で520トンとなります。3社合わせても、日本全体の消費量のわずか0.15%でしかありません。 https://t.co/9EIGsQ6MKh
12-03 16:50

(日経)きれいになりすぎた海がノリ養殖に影を落としている。水質改善が進んだ半面、海水の栄養が不足して育ちが悪くなり、生産量が落ち込んでいる。店頭で「のりなし」のおにぎりを増やす試みも出てきた。 https://t.co/mgbKMbPsJl
12-03 05:40

(朝日)橋の復旧作業にともなう道路の拡張で、作業場が使えるのは今年が最後になる予定だ。照子さんは「震災でもうできないと思ったのにその後も6年も続けられた。もう2人も年なので良い潮時」。 https://t.co/a4yON3qku5
12-03 05:28

(日 テレ)富山県の氷見漁港で2日朝、約800本のブリが水揚げされた。漁協などは「ひみ寒ぶり宣言」を出し、今シーズンのブリ漁が本格的にスタートした。 https://t.co/dNb1lNyy2a
12-03 05:26

(時事 )山形県酒田市が、ふるさと納税を通じて募っているイカ釣り漁船支援への寄付が好調だ。既に目標金額の2倍の1000万円余りが集まった。市の担当者は、相次ぐ北朝鮮のミサイル発射などが問題となる中 https://t.co/U4pPu7kLPq
12-03 05:25

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/3383-92018ec8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ