fc2ブログ

Entries

05/25のツイートまとめ

kaku_q

RT @genki_sudo: なめろうの作り方。#元気な魚屋さん https://t.co/DnRVqctVwV
05-25 14:19

空母いぶき#🎦 #🎥#Qネマ #シネマQ #スQリーン #Q日 場所: イクスピアリシネマイクスピアリ https://t.co/gXTn09e8SW
05-25 10:19

RT @katukawa: ・ホッケの減少要因は、海洋環境ではなく、日本の過剰漁獲・最近のホッケの生産力は高水準なので、少し我慢すれば回復するということで、水産庁が重い腰を上げて、ホッケの漁獲規制を始めようとしていることは、高く評価できると思う。
05-25 09:39

RT @katukawa: ホッケの場合は、1995年から、親魚量が減少を始めるのだけれど、ホッケが減少した時期の再生産成功率は下がるどこかむしろ上がっている。つまり、海洋環境はホッケ資源の再生産にとって良好であり、資源減少の原因を海洋環境に求めるのは難しいということになる。…
05-25 09:38

RT @katukawa: マイワシの場合は、1990年前後に、再生産成功率(親1kgあたりの新規加入尾数)がほぼゼロの年が続いている。これは卵を産んでも、子が生まれない状態になっていたので、この時期のマイワシの減少は環境要因によるものと考えることができる。https://t…
05-25 09:38

RT @katukawa: 年齢組成のデータを見れば、減少要因はある程度は推測できる。ホッケの場合は、小型魚中心の漁獲が続く中で、大型個体の組成が減っているので、漁獲による減少とみるのが妥当だろうね。
05-25 09:38

RT @katukawa: なので、環境変動によって、水産資源が減る場合には、新規加入が途絶えて、少子高齢化が進んでいく。1990年代のマイワシ激減は、まさにこの状態で、若い魚がいなくなり、高齢魚ばかりになってしまった。逆に、乱獲の場合は、大型個体がいなくなり、小型個体ばかりに…
05-25 08:44

RT @katukawa: 水温などの環境条件は、卵の生残率に効いてくる。卵は泳げないから、環境変動の影響が直撃なのだ。ある程度以上のサイズの魚は遊泳能力があるので、好適な環境に移動することができるので、環境変動の影響を受けづらくなる。
05-25 08:43

RT @katukawa: ホッケ資源が減るに従って、個体の成長が早くなり、成熟年齢が下がるというきれいなデータが得られている。これは、魚類では一般的に見られる現象。https://t.co/yud6ZWmf8Y
05-25 08:43

RT @katukawa: ホッケが減っているのも地球温暖化とか言う人もいるのだけど、その根拠はあるのだろうか?最近は卵の生き残りも良いし、個体の成長も早く、繁殖可能年齢も下がっているというデータが得られている。種としての再生産力が良好な状態にあるにも関わらず、地球温暖化でホッ…
05-25 08:43

RT @katukawa: 沿岸漁業は知事許可なので、沿岸漁業者の調整は県の管轄になります。これから都道府県の水産課は、大変になりますね。2年後の個別漁獲枠方式導入に向けて、準備は進んでいるのだろうか?
05-25 08:43

RT @katukawa: ホッケは激減しているものの、漁獲量を減らせば10年で資源回復するという予測が得られている。水産庁は漁獲枠の導入を検討しているが、漁業者が猛反発している。漁業者の自主規制で、魚がいなくなってしまったのだから、公的機関が規制をするのは当たり前の話だろう。…
05-25 08:43

(毎日)県は23日、ひたちなか市の常陸那珂港で高級魚マコガレイの稚魚を試験放流した。資源の回復と持続的な利用を図る目的。数年間は継続し、順調な成育が確認できれば、栽培漁業の対象にしたい考えだ。 / https://t.co/7bcP91BWQ2
05-25 07:13

(道新)豊岬漁港が「春告魚」ニシンの大漁に沸いている。22日、定置網にかかったニシンは20トン。13日には58トン、16日には50トンが水揚げされた。今季は既に240トンを超え、豊漁だった昨年を大きく / https://t.co/o03q8DrImh
05-25 07:09

(テレ朝)ところてんの原料「テングサ」が今、なぜか不漁になっている。この時期、海に潜ればテングサが海底に広がって「赤紫色のじゅうたん」が見られるはずだが、今年は漁師も驚くほどまばらだということです。 / https://t.co/uZPxvIDPSE
05-25 07:03

(日テレ)大船渡市で24日、放流用のアワビの稚貝の出荷作業が始まった。大船渡市末崎町にある岩手県栽培漁業協会では、県の委託を受けアワビの稚貝を育てている。施設は東日本大震災の津波で大きな被害... / https://t.co/fvCr0RDkJE
05-25 06:55

(Foresight)そのカキ炒めの発展形と言ってもいい料理が、台湾の「蚵仔煎」である。この料理の日本語訳は、すでに「カキオムレツ」が定着している。しかし、私の感覚では、オムレツではなく、お好み焼きに近い。 / https://t.co/OQYXIl9ado
05-25 06:53

(@S)全国有数の産地として知られる県内で、シラス漁が最盛期を迎えている。今年は不漁が続いていたが、ようやく水揚げが増え始め、各地の漁港はにぎわいを取り戻しつつある。 / https://t.co/ciLrfvNWRG
05-25 06:47

(時事)世界の海水温を上昇させている気候変動が、海の微小生物プランクトンの一部の群集の間で「憂慮すべき」北方への移動を誘発している──。これは、北半球全域のプランクトン群集の構成を調査した最新研究の結 / https://t.co/pRc0RJaI2y
05-25 06:39

(朝日)宮城県気仙沼市の徳仙丈山(711メートル)にツツジの花の季節がきた。「日本一」の呼び声もある群生地は、見頃を迎えている。標高約500メートルから山頂までの約50ヘクタールに、ヤマツツジやレンゲ / https://t.co/JnxjayECjj
05-25 06:31

(河北)気仙沼市御崎岬灯台の南南東約28キロ沖で、県近海底曳網漁協(塩釜市)所属で石巻を拠点とする漁船「第25清正丸」(19トン、5人乗り組み)が転覆し、船底に乗組員がいると、近くを航行中のタンカー / https://t.co/1PRQZruozJ
05-25 06:27

(河北)気仙沼大島にクマ 目撃相次ぎ島民ら学習会 観光客への周知課題に 海水浴場がオープンする夏場は人出のピークとなる可能性も高い。星を見るために島内を散策した観光客が夜間に行動するクマと遭遇する危険性 / https://t.co/kB7EpKwyi7
05-25 06:24

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/3922-a89ac5bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ