fc2ブログ

Entries

遠洋鮪漁船の中を見た

10月10日は「まぐろの日」
北かつ(宮城県北部鰹鮪漁業組合)主催のまぐろの日キャンペーンでの
催し「遠洋まぐろ延縄漁船の中を見てみよう!まぐろを食べよう」に出掛けた

9月末まで航海を行っていたという八幡丸
焼津?清水?に水揚げして気仙沼に回航して来たばかりという
船主は唐桑町鮪立の西の前です

私の記憶では10年以上前?かな姉妹船がリビアで拿捕されて
船員は帰ったが船が帰って来なかったなあ…
まだ「ならず者国家」だった頃だと思う


---------------------八幡丸データ----------------------
第18八幡丸   409トン
進水年月 昭和63年9月(船齢22年)
乗組員数  25名

操業水域: 南太平洋(ソロモン諸島、シドニー沖)
東インド洋(フリーマントル沖・南インド洋・ジャワ沖)

漁獲魚種: ミナミマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなど

-------------------------------------------------------------




八幡丸の航跡をプロットしたMAPが掲示されていました


ブリッジの内部


南太平洋の海図


ブリッジの後ろは漁労長の部屋になっています


漁労長の部屋
入って左側の様子
右側にはベッドがあります


急な階段降りて左舷側に無線室
ベッドもあったので通信長が寝る?

右舷側には船長室が並んでいます


両側に配置された船員室と廊下
端になると2名部屋もあったが基本は4名部屋でした
大きな船なので2段ベットではなかった
しかしベッドの幅は60cm程度です


洗濯機が2台バンドで固定され


メインエンジン
高校の頃気仙沼ヤンマーでアルバイトした事思い出す
こびりついた煤落としでシリンダーを石油?まみれで洗ったり
排・吸気バルブの擦り合わせをしたり…
しんどいバイトだったなあ


WATCH ROOM
こんなに多くのタンクがあるんだ…






船員の楽しみ
食堂です


厨房の様子


どんぶりが大きいな…


厨房内の冷蔵庫・冷凍庫




捲き上げた枝縄や幹縄を
後部へ戻すコンベア






カメ(魚倉)を撮影
350t入ります
12tトラックで30台分のマグロを獲って満船になります


マグロを急速冷凍する棚
-60度で2日間サンドイッチする
4部屋あったのでうまくローテーションするんだろうな


近海のマグロ船が小さく見えます





関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/595-763fbc4c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ