fc2ブログ

Entries

蟹工船

天気荒れ模様(台風14号)

銀座シネパトスで「蟹工船」 (14:50上映開始)を観た。
2008年のリバイバルブームで小説を読んだ口だが
社会・労働問題というより当時の漁労に興味があった
しかし小説では漁労の模様はあまり伝わって来ないので
映画(昭和28年制作)を観たいと思っていたのだった

やはり「百聞は一見に如かず」だった
本物の船で本当に漁をする映像だったので
船や捕獲~缶詰までのディティールが良く判った

胴体から脚を離すには蟹の腹を長靴で踏んづけて
両サイドの蟹脚を両手で掴んでもぎ取る
シーンは少しショックだった
(胴体に残った脚の付け根のニクとミソは
 どうしたんだろう気になってしまう)

それにしてもタラバガニの資源の豊富な事に驚いた…
私の祖父はカツオ漁船に乗っていたが
戦時中に船が徴用され軍属として働いた時期があった

父からのまた聞きでその時の話だと思うが
缶詰の中にタラバガニの脚の輪切りが一本入っていたというのだ

その話をリバイバルブームの時に思い出し
そんな巨大タラバガニが昔はいたのか?
マルハニチロHDに問い合わせてみたが
「考えにくい…」という夢の無い回答だった
決してホラを吹く様な人じゃなかったのだが…
タラバガニの脚の太さに驚いただけなのか?



映画を観る前に国際FORUM内のお店で食べた
サンマ焼き魚定食
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/624-047f110f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ