fc2ブログ

Entries

砂上の楼閣

大地震で11日は家に帰れず帰宅難民
12日の昼前に漸く職場を離れたがいつも利用の鉄道は不通
別の路線で帰る


全然知らなかったが首都圏なのに随分被害が出ている
弱いところから液状化/噴出している


埋め立て地というのは認識していたが
まさかこんな泥と砂だけとは…。
一見お洒落な装い町も


小さな建物は傾いている



マンホールはこんな感じ
TV報道の事例では2mというジャイアント馬場級も…


継ぎ目という継ぎ目は20cmから50cmほど段差が
「段差社会」
マンションに帰ると断水だという


2日風呂に入ってないのでNetで検索
佃島の銭湯へ
越中島~相生橋~佃島


なんとおあつらえむきなこと
床屋と銭湯が並んでいる

床屋では「朝、変な雲が出ていた」と
地元民同士で「地震雲」談義
また隣の銭湯は「いい銭湯だけど湯が熱い」とも…

銭湯に行って番台に訳を話すと
「大三角に友達がいるんだあ~」と

湯は江戸っ子らしく熱い!
「てやんでい…!」なんて言いながら入るんだろう
皮膚にお絵描きした方もチラホラ…

湯冷めに配慮しているんだろう
良い経験をしたし
何よりサッパリできた
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://happenlog.blog73.fc2.com/tb.php/818-b9f64d99

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kaku q

Author:kaku q
気仙沼市唐桑町の鮪立生まれ

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ